株の増担解除・ザラ場IR奪取法

持ち越したマイクロニクスにビッグニュースが出たが、その前にガンホーの無配ニュースが飛び込んできた。
明日のガンホーは大きく値を下げる事は必至だろう。
最近の新興は、○○ショックで連れ安を喰らう事が多いから心配だ。
特にこういう時は赤字会社は過敏反応する。
と思っているうちに、今度はアクロディアに株の売却益というIRが飛び込んできた。
こういうケースは寄り天が多く、あせって買うとロクな事がない。
こういう時はアンダーオーバーを見て買うようししている。
オーバーが勝っているときは、えてして寄り天が多い。
アンダーが勝っていれば勝負できるのだが、持越し組の養分となりかねないので注意が必要だ。

決算時期という事もあるのか、他にもネタが次々と出てくる。
ホームページの自動更新検知ソフト「WhiteCat」と、スマホアプリの「適時開示」の組み合わせは強力だ。
「適時開示」は、決算発表や上下方修正、特別収益・損益等、財務に関係の開示情報を即座に知らせてくれるスグレものだ。
これもザラ場中にもよく出てくるので、なかなか使える。
今日開示された情報を一度に見れる他、自分の監視銘柄のみを登録できるお気に入り機能もあり、トレーダーには必須アイテムといって過言ではない。
新しい情報があれば、メールの受信音とマークで知らせてくれるので、かなり強力なツールである。
WhiteCatと併用すれば、プロなみの情報収集能力を持つ事ができる。
サラリーマンだと厳しいかもしれないが、普段パソコンと向き合う仕事の人には可能だ。
「適時開示」に至っては、スマホさえあれば利用できるので、外回りの営業マンにはもってこいのツールだ。

そうこうしているうちにPTSの時間がやってきた。
持ち越したマイクロニクス、支援事業採択のニュースがあるだけに期待が膨らむところだ。
7,230円で引けたマイクロだが、PTSでは開始早々7,850円もの高騰ぶりだ。
明日はストップ高も期待できるのではないか?
マイクロの暴騰は、サンプル出荷IRと思っていたが、まさか外部要素で火がつくとは思ってもみなかった。

気になるガンホーはやはり下げている。
UBICはPTSで50円も下げているがこれも気になるところだ。
後は日本通信、増担解除ならずで下げるかと思ったが、PTSでは異常に強い。
ただ、空売りのないPTSで日本通信が強いのは最近のトレンドである。
明日、本番でどうなるかはわからない。

さあ、いよいよ明日は因縁のマイクロニクス、前回の爆上げ時はただ指をくわえて見ているだけだったが、今回は絶対にガチホする所存だ。
明日が楽しみでしかたがない。